努力があるから報われるわけじゃないけど、報われたのは努力のおかげ。

思考回路末期!!
どうも、少女漫画コーナーにどうしても踏み込めない、かなえさんです。
実は仙台駅近辺のああいう本屋では週1で女性向けなああいう本がお安くなる日があるのです。
なんですが、そういう日ってのはやっぱり女性客が多いわけで。
こーなるとかなえさんはその中に飛び込む勇気がないのです。古本屋でも同じ。
いや読まなきゃいいやん、と言われればそれまでなんですが。

やっぱり脳みそに糖分は必要よね!!(そちら的な意味で)

そういえば何で私はアリスが好きなんだっけ、まあいいや。アリスはかわいいからな。

ちなみにFC版では寝ている人に水鉄砲を使うと寝ながら移動すると言うネタがありました。

大陸の北のほうで人々が皆寝ているという異変を聞いたれいむ達。
正直乗り気ではなかったのでやっと重い腰を上げたのは6日後のことでした。

「だーって別に関係ないじゃない。人々も寝れて幸せなんじゃないの?」
「そんなんだかられいむは能力が伸びないんだぜ」
「それは関係ない」

この夢見るルビー、実はいくつでも入手できるって知ってました?
今回はやりませんでしたが、仲間に持たせてバシルーラで飛ばすことによって手に入るというネタがあります。(FC版限定かも)
そしてこの洞窟と言えば回復ポイントを利用したレベル上げ。
……なんですが、かなえさんはここにいい思い出がないのであんありやりたくはないんですが少しだけやらせていただきました。

全滅回数、2回。

ほんっとここ嫌いなんだ!!マタンゴはもういやだ!!(甘い息⇒全員寝る)
やっとやっとで夢見るルビーを入手したときのステータスがこちら。
賢さが低いのはどーでも……良くないよ!!

盗賊の割に速さが若干低目か?やっぱり電光石火な咲夜さんを採用すべきだったかしら。

いつまでこの人を起用するか、いつまでこの性格で居させるかをひじょーに悩んでおります。

切れ者と頭脳明晰は本当は切れ者のほうが賢いはずなんだけどね。

こんな感じになってました。
このときかなえさんが「あれ、れいむの守備力が低いのは兜がないからか?」と思い。

「兜だったら確かロマリアに皮の帽子が売ってたはずですけど……」
「ロマリアと言えば王様が金の冠だかをほしがってたわね」
「……!そうよ!その冠を私が使えばいいんじゃない!!」
「素直に次の町まで我慢すればいいのに、やれやれだぜ」

いけしゃあしゃあとシャンパーニの塔に乗り込むれいむ達。
「この塔は結構盗賊の拠点にもなってるんだぜ。私も何回か来たことがある」
「ってことは内装には詳しいってことなのね」
「そうだな。たとえば今のれいむみたいに親分に向かってまっすぐ行くと……」

しまった!落とし穴だ!!れいむは5ポイントのダメージを受けた。

「ああああああああああ!!!!!魔理沙ぁ!!何で早く言わないのよ!!」
「いやいや、あれだけの勢いがついてたのに言えるはずないぜ……」
「あんたが一番詳しいんでしょ!?さあ、親分はどこに居るのよ!?」
「と言われたって……まあ、そう遠くには行ってない筈だ、逃げるとしたら、」
「ここから落ちる、とかが普通よね」
「む、いい所を」

※ここから私欲に満ちたれいむの暴行が続きますが、少しばかりお見苦しいのでカット。
いや、違うよ?私がSSを取り忘れたんじゃないよ?

「これが金の冠……いい感じの被り心地だわ」
「やれやれだぜ。これはもうロマリアには入れないぜ」
「あなたが言っても信用ないわよ」
「いや、あれは横領と言うんだ。私のはただ借りてるだけだ、死ぬまでな」
「同じじゃないですか。と言うよりまりささん、この冒険では結構死んでますよね?」
「……まあいいじゃないか、どうせあんなにあるんだ、へるもんでもないだろ」

ということで本を袋いっぱいに所持しているまりささん達の金の冠入手直後のステータスはこちらになります。

お気づきかもしれませんが、この時点でアッサラームに到達していました。

レベルで頭一つ抜けている魔理沙さん。努力家は伊達じゃない。

僧侶だからか、コメントのしにくい能力。それても早苗さんだからか?

なぜか運が4人中トップ。そしてなぜか霊夢より体力のあるアリス。結構アウトドアなのかしら


では、次回はアッサラーム、イシス編 ~じごくのハサミにダメージを与えられない!~

どうぞお楽しみに。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。